介護保険に関する計画関係ソフト

介護保険制度の利用では、計画を中心に動きます。


その介護に関する計画の作成が出来る有資格者たとえばケアマネジャー等ですが、彼らをサポートするために様々なソフトが市販されている状態です。


かつてのように手書きで作成をする場合もありますが、むしろ現在ではソフトの利用により省力化を図るケースが目立ちます。

様々なケアプランについて、これは何もケアマネジャーだけしか関係が無いというわけではありません。
むしろ、ケアプランを受けてそのケアプランに基づいた各種サービス計画の作成に活かせる場合が多いです。

訪問介護事業所であればケアプランに基づいたヘルパーの計画を作成しなければなりません。
デイサービスなどでも同様です。
ショートステイなどでも連続して4日以上の場合には原則としてショートステイでの計画が必須となってきます。


このように、様々な事業所において計画書の作成が必要になるわけですが、各サービスに応じた計画が作成出来るようなソフトの導入をしなければなりません。



無論、各事業所ごとで差はあるでしょうから、自社に合ったものを導入すればいいわけですが、より事業の拡大を図る場合にあっては、そのことを見据えてのソフトの導入が必要になるものです。



このように請求関係以外でも慎重に導入を検討することが重要です。
したがって、今現在と今後の方針をよく考えた上で、導入の是非を考えていくことが大事ですし、法改正などにも対応が出来る汎用性が高いものを考えておくことも必要と言えます。

OKWave関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。