TOP > 葬儀の際の遺族への対応

葬儀の際の遺族への対応

愛する家族を亡くすというのは、本当に辛いものです。必ずしも、親が先に亡くなるとは限りません。

横浜市の家族葬に対する期待が寄せられています。

時には、幼い子供を病気や事故などで亡くす。という場合があります。



そういう現実に遭遇したなら、残された遺族はこらえきれないほどの辛い感情が湧きあがります。
では、そういう状況の葬儀に参列したなら、遺族にどのように対応したらいいでしょうか。

それは、思いやりと感情移入を示すことです。



不必要な言葉や、叱咤激励の言葉は遺族をよけいに辛い気持ちにさせることがあります。

また、他の子供のためには早く立ち直って普通の生活をするように、といったアドバイスをしないようにしましょう。

むしろ、よけいな言葉よりも手を握って一緒に涙を流す方が、遺族にとって慰めとなることでしょう。

さらに大切なのは、葬儀が終わって日常生活に戻った時です。

葬儀の時は、忙しかったりすることが多いものですが、日常生活に戻ると今までいたはずの家族がいなくなるのは、耐えられないものです。

それで、残された遺族に対しては葬儀のときだけはなく、その後も定期的に慰めの言葉をかけたりして気遣いを示すようにしましょう。そうするなら、残された遺族は少しでも気持ちがやわらぐことでしょう。

しかし、もし相手がそっとしていてほしい。
という気持ちを伝えてきたなら、あまり干渉せずにその気持ちを尊重しましょう。そして、いつでも助けになりたい。

ということだけを伝えるようにしましょう。